世界初‼車椅子用格納式ストラップシステム

 LapStacker Long keeper guide

​ラップスタッカー ロングキーパーガイド

ロングキーパーの取り付けに必要なスペース

ロングキーパーの取り付けには、お使いの車椅子のサイドガードより前方の座面部分に55mmのスペースが必要です。座面は板状でも布状でも可能です。

取り付けロングキーパー.PNG

ロングキーパーの取り付け方法

ロングキーパーは、リジッド(板状)または布状の座面に取り付けることができます。取り付けにはベルクロテープがお勧めです。布製シートでは、既にベルクロテープが縫い付けられている場合がありますが、それを利用することもできます。

ベルト状座面への取り付け

ロングキーパーを布状のベルト座面に取り付ける場合、最適なキーパー取り付け位置に近い位置にベルトがあるか確認する必要があります。座面ベルトにはベルクロテープを使ってロングキーパーを取り付けます。

​ベルトがキーパーを取り付けに必要な位置にない場合、ベルトを動かしたり、追加することでキーパーを取り付けることもできます。

Stlap seat.PNG

座面のベルトがキーパー取り付けに最適な位置にない場合、ロングキーパーの取り付けにこだわる必要はありません。下図の写真の様にトップチューブフレームにショートキーパーをに取り付けて使用することもできます。その場合は、ショートキーパーガイドをご覧ください。

Short keeper.PNG

折り畳み式車椅子への取り付け

ロングキーパーを写真のような折り畳み式へ使用することはお勧めいたしません。

​折り畳み式には、ショートキーパーのご利用をお勧めいたします。

Folding.PNG

リトラクターとの位置関係

キーパーの取り付け位置を考える場合、もう一つ重要な要素として、リトラクターとの位置関係を確認する必要があります。

​キーパーとリトラクター(巻き取り機)が一直線上に並んで、ストラップを巻き取ることができる位置にリトラクターを設置するスペースがあるかどうかを確認してください。

​ロングキーパー取り付け説明ビデオ

​英語での説明になりますが、以上の説明をビデオでもご覧いただけます。

https://vimeo.com/427994978