世界初‼車椅子用格納式ストラップシステム

LapStacker Retractor location guide

Frame top tube

トップチューブフレーム用リトラクター取り付けガイド

​トップチューブフレームの位置

   トップチューブフレーム

  クロスフレーム

​        

    フロントチューブフレーム

            

使用するブラケット

トップチューブフレームへのリトラクターの取り付けには、90°ブラケットを使用します。片方が右側用で、もう片方が左側用となります。

リトラクターを細長い方の穴へ取り付け、クランプを反対の穴へ付けてトップチューブフレームへ取り付けます。リトラクターをスライドさせたり、ブラケットの角度を調整してリトラクターの取り付け位置を調整します。

リトラクターの位置決め

リトラクターを設置するスペースに合わせて、リトラクターはブラケットの上部、または下部に取り付けることができます。また、クランプの向きによりブラケットの取り付け位置を変えることができます。キーパーを最適な場所へ設置した場合に、ストラップをきちんと巻き取ることができる位置にリトラクターの取り付け位置を調整してください。

リトラクター取り付け例

ブラケットには、リトラクターの角度調整機能があります。キーパーと並行にリトラクターを設置して、スムースに巻き取りが出来るように調整してください。

​必要寸法

フレームへのクランプ取り付けには、16㎜のスペースが必要です。

90°ブラケットを使用した際のクランプの中心からリトラクターの巻き取り位置中心までの最大距離は、70mmです。

リトラクターの寸法

リトラクターの本体寸法は、幅70mm、高さ50mmとなります。

重量478g(1セット)

推奨取り付け位置

リトラクターの推奨取り付け位置は、水平よりわずかに下側へ傾けた状態です。

​上から見た時にリトラクターがシート下に隠れていて、シートに座った時にも座面に干渉しないように取り付けてください。

注意!

リトラクターの構成部品が使用者の脚部と干渉しないようにしてください。

​リトラクターやブラケットは、シートクッションの前端よりも後方に位置するように取り付けてください。

注意!他の車椅子部品の移動

ラップスタッカーの取り付けには、ブレーキやサイドガードクランプなどの車椅子部品の移動が必要な場合があります。その場合、元の車椅子部品の機能を損なわないように移動させてください。

トップチューブフレーム用リトラクター取り付けガイドビデオ

英語での説明で申し訳ありませんが、メーカー作成のトップチューブ用リトラクター取り付けガイドをご覧ください。

https://vimeo.com/427994052

​ニコモビリティ

Nico Mobility

381-4102 長野県長野市戸隠豊岡10356-1
Tel:  080-1194-5213
Fax: 026-254-2906
Email: rec@nico-mobility.com